働く女性の心模様

いろんな思いを抱えながら・・・

あたなにとって仕事って何ですか

日頃から会社を辞めたいと思っている女性に、“あなたにとって、仕事って何ですか?”という質問をしてみたい。

一生懸命仕事をしても少しも成果が出ない、誰にも評価されないと考えて会社なんていつ辞めたっていいんだと思っていませんか。あなたにとって仕事とはその程度のものなのですか。

確かに自分の持っている知識や技術をフルに活用して仕事をしていることでしょう。それは誰のためだと思っていますか。生活もしていかなければいけない、お金も欲しい、自己実現もしたい。そう思いながら仕事を毎日していて仕事に興味を持ち、仕事を効率よくするための努力であったり、仕事をするためのスキルアップを考え、日々努力をしていますか。

仕事なんていつ辞めたっていい!と考えている人が真剣に仕事の事を考えているとは、私には思えません。結婚までの腰掛のつもりなら、すぐにでも辞めた方がよいです。女性が社会に参加し一個人として扱われ仕事の成果を誰に認められるわけでもなく、ただコツコツと努力し仕事が好きでやっている姿は、誰よりもステキです。

真剣に仕事をしてみるとどんな仕事でも楽しいし、考えさせられる事はいっぱいあります。例えばコピーとりです。単純な仕事ですが、紙の大きさや濃さ、小さいものは拡大するのか逆に大きな図面などは縮小するのか、コピーを取り終えた後はホッチキスで止めるのかそうでないのか、止め方は指定があるのかないのかなど、気を使うことは結構あります。

来客に出すお茶も同じです。茶たくを使ってきちんと出した方がよいのか、お茶の給湯器のお茶でもよいのか。お客さんによっても違ってきます。コーヒーもそうです。ドリップしてコーヒーカップでだすのがいいのか、コーヒーサーバーの器械のコーヒーでもよいのか。出す時担当者に確認しますよね。

なんでもない仕事に対してどれだけ気遣いができるかで、あなたの評価へと繋がっていくこともあります。考えたことはありますか。女性の仕事はオールラウンドプレイヤーです。コピーもお茶もコーヒーも掃除も、パソコンもすべてできて普通です。だから褒められもせずお礼も言われたり言われなかったりで、普通です。

仕事をするということを辞めたいと思う前に、何が大切か考えてみたらよいと思います。